結婚し住む場所が決まった時に今後の事を考え、自動車免許を取る事にしました。 物覚えの悪さ、要領の悪さから卒業まで時間かかりましたが、なんとか『マニュアルで』卒業したのでした。 坂道の多い立地なので 無言で冷や汗流してる様子を見かねて、旦那が早々にオートマ車に買換え。マニュアルで頑張るつもりでしたが結果的には大事故も起こさず今まで来たので良かったのでしょう。 その後 車高が低いのも、高いのも左・右ハンドルなんでもだいたい乗れるようになりました。とはいえ、車体の異変に関しては無知な主婦が対応できるわけがありません。外車は特に細かい故障が多くて、遠出は怖くてできなくなりました。BMWでは電気系統がショートし出先でレッカーされることがあり、ポルシェもある部品の交換をするのにエンジンを下ろさないと修理できずエンジンを下ろすのにまず30万かかかるなど保険・自動車税の他の維持費が1ヶ月の給料以上のときが年に2回ぐらいあるペースです。  

テクノロジー05

オイル漏れを機に、また子供が大きくなって手狭になったことを機会に、日本車に乗り換えたところ、中古車であっても故障もほとんどなく、安心感がありました。子供が小さい時に、車が使えるというのは突然の急病、少し遠い公園などいろいろ活躍できましたが、何か異変を感じたときに何も自分では対処できないので、保険会社とJAFの連絡先はいつでも探せるようにしていました。タイヤに釘がささっているのでは?ヘッドライトが付かなくなったという時に頼りになるのはガソリンスタンドです。ほとんど預かり修理ではなく、その場で対応して頂き、タイヤ交換でも新品のものから、中古でも選ぶ範囲があり価格も良心的でした。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。