エンジンオイルはエンジンをスムーズに動かすための、人間で言う血液のようなものです。
そのため、これがなくなってしまうと様々な不具合が発生してしまうのですが、このオイルはエンジンを冷やす役割も持っています。
オイルがエンジンの中を回るためその時に発生した熱を吸収して、冷却をしてくれるのです。
そのため、オイルが不足すると発生した熱を吸収することができず、にオーバーヒート状態になってしまうのです。
                                        テクノロジー06                                                                           

このような状態になってしまうと、車は本来の性能を発揮することができないばかりか、エンジン全体に負荷がかかり最悪の場合焼き付いてしまい交換をしなければならなくなってしまうことがあるのです。
エンジンを冷やすのにはラジエータが重要とばかり思っていて、オイルの方に気を配らない人もいるかも知れませんが、オイルも熱を奪うのに一役買っているものだけに日々点検だけはしっかりとしておくことにしましょう。
車は日常の点検さえ欠かすことが、なければ快調な状態を維持することができるので、それさえしておけば大きな故障をすることがなく長持ちさせることができ常に快適に乗り続けることができるのです。
そのため、このようなオイル点検なども必ず行っておく必要があります。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。