あなたは自動車を運転されますか、または運転していて何か自動車のトラブルに巻き込まれたことがありますか。自動車に乗っていると運転に限らず、対人、対物など様々な問題に遭遇することがあるかと思います。そのような問題の事例についてお話しします。自動車の事故で最も問題が発生しやすいのが対人事故です。これは生命の問題にもかかわる上にケガの具合によっては障害が残る場合もあります、しかしながら、対人事故の場合は自動車保険に加入しているケースが多く、保険会社の交渉人が被害者と示談するケースが大半のため、稀な場合を除いてはそれほど問題になることがありません。

テクノロジー01

対物も同様で、かなり高額な置物や彫刻など、または建造物にぶつかって壊すケースもあります。確かにこれらの賠償額もかなりの高額になりますが、こちらも先ほどの対人と同様、保険会社に加入しているケースが多いので補償されることがほとんどです。ではどのような場合が問題になるのでしょうか。一番は、接触事故です。こちらは過失割合が自分たちの主張と状況証拠で決されることが多いため、主張がぶつかり合うとなかなか双方で納得がいかずもめるパターンが多いようです。しかし最近ではドライブレコーダーの存在でこれらの問題も減っている状態です。